ペットの異変に気付いたら|肝臓病の疑いがある場合はすぐ動物病院へ

レディとドッグ

ワンちゃんの散歩を助ける

女医と犬

愛犬と長く暮らしていると、時にはケガや老齢によって満足に歩けなくなる姿を目にしなければならなくなることがあります。そんな時は、1日中家の中で静かに過ごさせてやるというのも1つの愛情の示し方です。しかし始終家にこもりきりでは、犬もストレスが溜まってきてしまいます。たまには外に連れ出し、不自由ながらも散歩させてやることは、運動不足の解消になるばかりでなく、生き生きとした日々を取り戻すのに大いに役立ちます。そんな理由から今、愛犬家の間で人気を集めているのが、犬用の車椅子です。人間の車椅子の場合は、椅子に座った状態で移動しますが、犬用は椅子といっても一種の歩行補助器具になります。自力で自分の体重を支えられないワンちゃんに対し、足腰の負担を軽減させてやる目的で装着します。車椅子は金属またはプラスチックのフレームでできており、犬の身体を囲むようにして装着します。装着方法はいろいろですが、一般的なのは肩にバーを引っかけ、お腹のところをストラップで留めるというやり方です。後足が動かない場合は、吊り輪に通して完全に宙に浮かせることもあります。フレームには2つないし4つの車輪が付いています。どちらを選ぶかは、どの程度まで自力歩行に耐えられるかによります。犬用車椅子は、基本的にはオーダーメードとなります。専門店に直接連れて行って調整してもらうのがベストですが、体高や前後の足の間隔、肩幅などある程度のデータがあれば通信販売でも注文可能です。